高級賃貸マンションのメリット|条件に合う物件選び

男性

物件によってルールが違う

背広のウーマン

犬や猫などの動物は人間にも人気のあるペットとなっていますが、最近は一戸建ではなく、高級賃貸マンションでもペット可としている物件が増えています。ただし、高級賃貸マンションによっては様々なルールが設定されていることも多いので、契約する前に内容を確認することが大切です。
猫の大きさは種類によって大きな差があるわけではないですが、犬の場合は種類によって大きさに差が出てきます。ペット可の高級賃貸マンションでは小型犬や中型犬は許可されていても、大型犬になると許可されていないところがあります。また、ペットの数が決まっているところもあります。そのため、まずはどのような動物が飼育できるのかを把握することが大切です。

ペットの飼育が許可されている高級賃貸マンションによっては、敷金や礼金などでの他に保証金が必要となるケースがあります。犬や動物を部屋で飼う場合は、部屋が汚れてしまったり、ボロボロになってしまったりすることもあるでしょう。状態によっては退去時の修理代金が高額になることもあるので、事前に保証金を回収する内容となっています。保証金に額は家賃の2ヶ月分となることが多いですが、部屋が汚れていない場合でも、退去時に保証金が返却されないことも少なくありません。そのため、大家とのトラブルを避けるためにも、保証金は返却されるのか確認することが大切です。高級賃貸マンションによって、ペットが快適に暮らせる設備が整っているところもあるので、一度見学するといいでしょう。